役員紹介
伊藤 祐輔 (代表取締役)
1976年早稲田大学理工学部数学科卒業、83年同大学大学院理工学研究科後期過程終了。偏微分方程式論の研究活動のかたわら数学教育を続け、89年ソロモン・ブラザーズ・アジア証券(現シティグループ証券)に入社。株式部長、株式デリバティブトレーダーとして10年間マーケットにかかわる。99年インドスエズ・ダブリュ・アイ・カー証券(現クレディ・アグリコル証券会社)に移りトレーディングデスクの再構築を行い、2000年シンプレクス・インスティテュート代表取締役就任。
安藤 希 (取締役)
東京大学教育学部卒業。一橋大学大学院経営管理研究科にて金融戦略・経営財務MBA(経営学修士)を取得。株式会社シンプレクス・テクノロジー(現シンプレクス株式会社)を経て2014年シンプレクス・インスティテュート入社。投資家向け学習コンテンツ(OSE先物・オプションシミュレーター等)の制作などを手掛ける。個人投資家としてゼロから先物・オプション取引を学んだ経験をもとに、初心者の視点に立ったデリバティブ取引の啓蒙・教育活動を行う。著書に、「「かぶオプ」の教科書」(ビジネス社)
小池 敏雄 (社外取締役)
東京大学経済学部経済学科卒。公認会計士・税理士・CFA
ソロモン・ブラザーズ東京支店内部監査統括ディレクターとしてトレーディング、投資銀行業務に関する内部監査を統括、2000年より新日本有限責任監査法人パートナー(リスク管理・コーポレートガバナンス)を務めたのち、2010年独立開業し会計財務アドバイザリーサービスを提供している。
著書(共著):「IFRS実務ガイドブック(中央経済社)」、「金融機関の内部統制(金財)」、「個人の国際課税(中央経済社)」等。日本公認会計士協会会計制度委員会委員、東京会監査委員会委員長、会計委員会委員長などとして開示実務に関する各種報告書を執筆。
坪井 信行 (監査役)
T・C・マネジメント代表、慶應MCC客員ファカルティ
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
筑波大学第一学群社会学類経済学専攻卒業
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了 経営学修士(MBA)。
シティバンク・エヌ・エイ、バークレイズ証券、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社(現 シティグループ証券)、UBSウォーバーグ証券(現UBS証券)、新生銀行、メリルリンチ日本証券を経て現職。
著書に、「-100億円はゴミ同然- アナリスト、トレーダーの24時間」(幻冬舎新書)
字力!客観化→具体化→説得化の3stepで「苦手」な数字を「得意」に変える
」(PHP研究所)がある。

@2005 Simplex Institute, Inc. All rights reserved.

このサイトのすべての内容に関する著作権は、潟Vンプレクス・インスティテュートに帰属しています。
データの無断掲載および無断転載は禁止しています。